【HowTo】焦げ付かないベーコン炒飯の作り方【動画あり】

ポイント

焦げ付きやすいとされる炒飯をくっつかせず、焦げ付かせずに美味しく作る方法を、野菜ソムリエ、UNILLOYオフィシャルアンバサダーの清野先生に教えていただきました。

〇Point
フライパンの表面には「吸着水」と呼ばれる目に見えない水が存在しています。調理前にまず空焼きをして【白い煙が出始めたら】油を入れよく馴染ませてから調理してください。この処理をしないで低い温度で調理を始めると、タンパク質やデンプン質など水に溶け出して糊化する食材がくっついてしまいます。100℃以下、80℃付近で糊化がよく起こりやすく、水分をジューっと飛ばしながら調理することでくっついたりすることなく料理することができます。

〇ターゲット・ジャンル
#おうちごはん #stayhome #炒飯 #焦げ付かない #チャーハン #鋳物フライパン #ベーコン #今日の献立 #てづくりごはん365 #丁寧な暮らし


〇使用した調理器具

UNILLOYフライパン26cm


UNILLOYのYoutube公式チャンネル登録も是非♪



材料1人分

厚切りベーコン
20g
タマネギ(みじん切り)
1/4個
ニンジン(みじん切り)
1/4本
2個
ごはん
200g
葉ネギ
1/4本
白胡麻
適量
ごま油
大さじ2
鶏がらスープの素
小さじ2
醤油
大さじ2
  • 1

    フライパンを火にかけ、熱したフライパンから【白い煙が立つのを確認したら】、ごま油を入れ、ベーコン、タマネギ、ニンジンを炒める。
  • 2

    卵2個を割り入れヘラで黄身を潰しながら一気に炒める。
    注)火力が強すぎると卵がフライパンに焦げ付くので注意
  • 3

    卵が半熟状態のタイミングでごはんを投入し、手早く全体に馴染ませて炒める。
  • 4

    ごはんが馴染んだら鶏がらスープの素、白胡麻、葉ネギを加える。
  • 5

    最後に鍋肌から焦がし醤油を回し入れて全体を一気に炒めて完成。

このレシピのカテゴリー

清野朱美先生【公式アンバサダー】

清野朱美先生【公式アンバサダー】 プロフィール

作り手の"想い"と自然が生み出す野菜の美しさに魅了され、2012年に野菜ソムリエの最高峰資格「野菜ソムリエ上級Pro.」を取得。他に、調理師、Vege-Fru Beauty Adviser、フードコーディネーターなど、食環境を豊かにするための資格を複数持つ。得意ジャンルは、美と健康を叶えるレシピで、野菜ソムリエとして、主にTV番組や料理教室などから"野菜の声"を届けている。趣味は野菜をテーマに旅すること。

Instagram

頂いた新じゃがでシンプルガレット♪塩胡椒だけ。外側カリッと中モチモチ。ベランダイタリアンパセリだと思って乗せたら、フェンネルだった。 #unilloy #ssc #鋳物ホーロー鍋 #鋳物フライパン #ホーロー鍋 #フライパン #スキレット #軽いから毎日使える #鉄分補給に #長く使えるもの #いいものに囲まれたい #サステナブルな商品 #いいものを長く #丁寧な暮らし #料理を楽しむ #料理で笑顔を