豚ロース肉のソテー~無花果と黒酢のソース~

ポイント

★無花果の代わりに、桃、リンゴ、梨、パイナップルもおすすめです。果物は嗜好品としてだけではなく、お料理に季節感を添えることができます。

◎果物きれいPoint
無花果に豊富に含まれる「ペクチン(水溶性食物繊維)」は、腸内にある善玉菌(乳酸菌)を増やす効果が期待されています。腸内バランスが整うと免疫力が向上し、病気の予防にもつながりますので、無花果に限らず、ペクチンを豊富に含む果物は毎日適量の摂取を心掛けたいですね。

〇ターゲット・ジャンル
#野菜ソムリエ #フードコーディネーター #丁寧な暮らし #豊かな食卓 #おしゃれカフェ #おうちカフェ #フルーツビューティー

〇使用したUNILLOY
[深型]さくら 20cm

UNILLOYと果物の相性も抜群!ホーローは耐酸性があるので、果物の酸にも負けません。毎日の食卓に、旬の果物を加えることで、カラダ全体で季節を感じることができます。

材料2人分

豚ロース肉
2枚
米粉
適量
太白胡麻油
小さじ2
塩コショウ
少々

(付け合わせの野菜)

レンコン、パプリカ、ズッキーニ、タマネギ など
ソテーする野菜はお好みで!

(黒酢ソース)

無花果
1個
黒酢
大さじ2
醤油
大さじ2
みりん
大さじ2
はちみつ
小さじ2
  • 1

    下準備
    ・豚肉に塩を振り、少し置いてから米粉を全体にまぶす。
    ★ラップを挟んで麺棒などを使いお肉をたたくと細胞が壊れて柔らかくなる。

    ・無花果は、火が入りやすいように細かくカットする。
    ★無花果の皮は剥かなくても良いが、剥いた方が舌触りが滑らか。
  • 2

    鍋に黒酢ソースの材料を全て入れてから火にかける。
    とろみが出るまで中火~弱火で絶え間なく混ぜる。
  • 3

    フライパンを熱し、油を敷いて豚肉を両面こんがり焼く。
    火が強いと肉が硬くなり焦げるので要注意!

    ・付け合わせの野菜はオーブンで焼いてもOK!
    ・フライパンの隙間に入れ、一緒に焼いても良い。
    (その場合は大きめのフライパンを用意する。)
  • 4

    お皿に付け合わせの野菜と豚肉のソテーを盛り付け、黒酢ソースを添える。

このレシピのカテゴリー

清野朱美先生【公式アンバサダー】

清野朱美先生【公式アンバサダー】 プロフィール

作り手の"想い"と自然が生み出す野菜の美しさに魅了され、2012年に野菜ソムリエの最高峰資格「野菜ソムリエ上級Pro.」を取得。他に、調理師、Vege-Fru Beauty Adviser、フードコーディネーターなど、食環境を豊かにするための資格を複数持つ。得意ジャンルは、美と健康を叶えるレシピで、野菜ソムリエとして、主にTV番組や料理教室などから"野菜の声"を届けている。趣味は野菜をテーマに旅すること。

Instagram

頂いた新じゃがでシンプルガレット♪塩胡椒だけ。外側カリッと中モチモチ。ベランダイタリアンパセリだと思って乗せたら、フェンネルだった。 #unilloy #ssc #鋳物ホーロー鍋 #鋳物フライパン #ホーロー鍋 #フライパン #スキレット #軽いから毎日使える #鉄分補給に #長く使えるもの #いいものに囲まれたい #サステナブルな商品 #いいものを長く #丁寧な暮らし #料理を楽しむ #料理で笑顔を