白身魚のムニエル~レモンが香る。グルノーブル風~

白身魚のムニエル~レモンが香る。グルノーブル風~

ポイント

★グルノーブル風とは?
フランス南東部、ローヌ・アルプ地方の都市の名前で、クルトン、レモン、ケイパー(ケッパー)を添えるのがグルノーブル風です。
バターの量を控えめに、クルトンは手作り、ムニエルに付ける粉は米粉を使用。ソースにほんのり醤油を加えて日本人が好む味に調えました。


◎果物きれいPoint

☆レモン
レモンで連想するのがビタミンC。
ビタミンCは、健康的な皮膚を維持するためのコラーゲンを作ったり、体内の酸化を防いで、細胞を若々しく保ち、老化や生活習慣病の予防には欠かせない栄養素です。
水溶性で、尿や汗で流れてしまいますので、まめに摂取する必要があります。

材料2人分

白身魚(切り身)
2切れ
米粉
適量
バター
10g×2
オリーブオイル
大さじ1×2
少々
黒胡椒
少々
レモン
1個
ケイパー
適量
フランスパン
2切れ

(ブール・ノワゼット)※焦がしバターのソース

バター
20g
薄口醤油
小さじ1
レモン汁
小さじ2

(仕上げ)

ピンクペッパー
少々
パセリ又はディル
少々
  • 1

    材料の下準備をする。
    ・白身魚の身に塩を振り15分ほど置く。
    ・レモンの表面をよく洗っておく。
    ・フランスパンは1cmの角切りにしておく。
  • 2

    レモンの果肉を取り出し角切りにする。
    レモンの両端を切り落としてから立てて置き、上の切り口から下の切り口に向かって包丁で外皮を切り落とす。果肉に沿って薄皮に包丁を入れ、果肉を取り出す。
  • 3

    フライパンにバター10gとオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、フランスパンを香ばしくソテーし、キッチンペーパーを敷いた皿に移す。
  • 4

    白身魚から出た余計な水分をキッチンペーパーでふき取り、黒胡椒を振りかけ、全体に米粉をまぶす。
  • 5

    油の残ったフライパンに残りのバターとオリーブオイルを敷き、弱火で皮目から焼き、両面を香ばしく焼きます。
    ★ポイントは弱火。フライパンが熱過ぎると身が縮みます。
  • 6

    厚手の鍋にバターを溶かし、レモン汁、薄口醤油を加え、ブール・ノワゼットを作る。
    ★同じフライパンでソースを作ると、魚の臭みが移ってしまうので、ソースは別鍋で丁寧に作るのがポイント。
  • 7

    お皿の中心に(5)を盛り付けて、ソテーしたフランスパン、角切りにしたレモン、ケイパーを盛り付け、ブール・ノワゼットをかけたら、ピンクペッパー、パセリを散らして出来上がり。

このレシピのカテゴリー

清野朱美先生【公式アンバサダー】

清野朱美先生【公式アンバサダー】 プロフィール

作り手の"想い"と自然が生み出す野菜の美しさに魅了され、2012年に野菜ソムリエの最高峰資格「野菜ソムリエ上級Pro.」を取得。他に、調理師、Vege-Fru Beauty Adviser、フードコーディネーターなど、食環境を豊かにするための資格を複数持つ。得意ジャンルは、美と健康を叶えるレシピで、野菜ソムリエとして、主にTV番組や料理教室などから"野菜の声"を届けている。趣味は野菜をテーマに旅すること。

Instagram

頂いた新じゃがでシンプルガレット♪塩胡椒だけ。外側カリッと中モチモチ。ベランダイタリアンパセリだと思って乗せたら、フェンネルだった。 #unilloy #ssc #鋳物ホーロー鍋 #鋳物フライパン #ホーロー鍋 #フライパン #スキレット #軽いから毎日使える #鉄分補給に #長く使えるもの #いいものに囲まれたい #サステナブルな商品 #いいものを長く #丁寧な暮らし #料理を楽しむ #料理で笑顔を